HOME > クラブ紹介 > 新体操部(男子) > 記事詳細

クラブ紹介

新体操部(男子)

記事詳細

2009年05月24日

男子新体操部 東日本学生選手権で団体優勝

[ 新体操部(男子) / 大会結果 ]

男子新体操部は、5月23・24日に栃木県立南体育館で開催された第42回東日本学生選手権大会の団体競技に2組が出場し、Aチームが優勝、Bチームが3位と、ともに表彰台を飾りました。

試合当日、昨年の雪辱を誓う新体操部は、A・B両チームとも若さとスピード感を重視したダイナミックな演技で観客を魅了し、会場を沸かせました。

特にAチームは、昨年の全日本選手権で団体優勝した選手らが、若さと経験を存分に発揮した迫力ある演技を披露。9月の全日本学生選手権に向け、幸先のいいスタートを切りました。

一方、ライバルの青森大も、持ち前の表現力を前面に出した完成度の高い演技で、本学体操部Aチームと同点の19・075点を獲得。史上まれに見る2校同時優勝という結果となりました。
また、3位のBチームも17・450点を獲得する息のあった演技をみせ、本学新体操部の勝負強さを証明しました。

個人では、各選手ともミスが響き、惜しくも上位入賞は種目別のロープで2位に入賞した田中透選手(体4年)のみとなりました。

山田監督は今大会を振り返り「個人はミスが多かったので、今後上位に食い込めるよう一人ひとりの演技を安定させるのが課題」と反省し、団体については「まだ演技も調整の段階なので、今後さらに全体を詰め、全ての大会で勝ちたい」と抱負を語りました。

団体で優勝した国士舘Aの選手6人

団体で優勝した国士舘Aの選手6人

[ ページトップへ ]

記事一覧

主要大会スケジュール
本年度の活動予定
4月 デンマーク遠征
5月 東日本学生新体操選手権大会
8月 全日本学生新体操選手権大会
11月 全日本新体操選手権大会
ドイツ遠征①
12月 ドイツ遠征②