HOME > クラブ紹介 > シンクロナイズドスイミング部 > 記事詳細

クラブ紹介

シンクロナイズドスイミング部

記事詳細

2017年07月25日

世界水泳・ハンガリー チームテクニカルで小俣選手ら日本代表が銅メダル

[ シンクロナイズドスイミング部 / 大会結果 ]

ハンガリーブタペストで7月14日から開催されている水泳の世界選手権で、本学の小俣夏乃選手(体3年)、大澤友里子選手(体3年)ら日本代表チームはテクニカルルーティンとフリーコンビネーション決勝で3位となり、今大会2つの銅メダルを獲得しました。また、ミックスデュエットでは、本学職員でシンクロナイズドスイミング部監督の足立夢実選手と安部篤史選手のペアが4位となりました。

ナショナルチームには本学理工学部の地神裕史准教授がトレーナーとして帯同しており、昨年のリオデジャネイロオリンピックや今回の世界水泳などでも本番で選手の最大限のパフォーマンスを引き出せるよう、体調管理面をサポートしています。

22日のフリーコンビネーションで銅メダルの小俣選手(左)・大澤選手(右)

22日のフリーコンビネーションで銅メダルの小俣選手(左)・大澤選手(右)

本学から出場した日本代表選手(左から小俣、足立、大澤)

本学から出場した日本代表選手(左から小俣、足立、大澤)

小俣選手、チームテクニカルの銅メダルを手に記念撮影

小俣選手、チームテクニカルの銅メダルを手に記念撮影

[ ページトップへ ]

記事一覧