宇佐美里香

宇佐美里香(Rika Usami)
東京都出身/1986年2月20日生まれ/血液型O型
帝京高校・国士舘大学卒
鳥取県教育委員会職員のかたわら、
井上派糸東流慶心会宗主・井上慶身師に師事

  •  第4回世界ジュニア&カデット空手道選手権大会 優勝(2005年)
  • 第8回アジアジュニア&カデット空手道選手権大会 優勝(2006年)
  • 第51回全日本学生空手道個人選手権 優勝(2007年)
  • 第64回国民体育大会空手道競技会成年女子形 優勝(2009年)
  • 第37、38回全日本空手道選手権 連覇(2009、2010年)
  • 広州アジア大会空手女子形 優勝(2010年)

日本の女子空手形のエースとして脚光を浴びる宇佐美里香選手。中国広州で行われたアジア大会の空手女子の形(かた)で見事金メダルを獲得し、この取材の2日前にも全日本空手道選手権連覇の偉業を達成した。ニューヒロインの誕生にマスコミが殺到する中、本学校舎にて取材は始まった――。

01
―空手を始められたのには、どんな理由があったんですか?
テレビで女優さんが男の人相手に闘うアクションシーンを観て、「女の人でもできるんだ!」と思って、強い女性に憧れを抱くようになったんです。ちょうどその頃、4歳上の兄が空手を習っていたので、「私も空手を習おう」と決意して道場に通い始めました。

―おいくつの時ですか?
小学5年です。

―それから8年後には世界ジュニアの舞台で優勝しているんですよね。よほど素質があったんでしょうね。
そんなことはないですよ。ただ、空手はすごく楽しかったですね。

―小学生で空手に楽しみを見出せるってすごいことですよね?
練習して強くなっていくことが楽しかったですね。空手を習い始めた原点が「闘っている女の人ってカッコいい!」という憧れだったから、というのもあるかもしれません